Make your own free website on Tripod.com

ppl2.jpg

HOME | EIGO MIMI | SPEAKING | SUISEN NO KOTOBA | FAQ | OTOI AWASE

SPEAKING

kaisha.jpg

スピーキングについて━

リスニングについて他国言語主に右脳領域が関係している。その大半が無意識部分の脳で処理されている。日本語もちろん無意識に聞き取りが行われるが、左脳領域のある部分が深く関係している特殊な言語であるスピーキングについて他国言語、日本語とも右脳と左脳の連結プレーで特に差はない。以上のように日本人は右脳だけではすまない、左脳に頼るリスニング構造になっています。その点、他国人は部位こそ違いますが、英語と同じ右脳域だけを使えばよいわけですからその代表選手たる英語リスニングについては断然有利なわけです。その反面、スピーキングの方は似たり寄ったりです。各々の言語の認識部位で行われますから当然それぞれ独特の発音となります。

では、ネイティブ並の発音にするにはどうしたらよいのでしょうか?

Native並みの発音にするには自己暗示にある状態で英語ネイティブに関係している部位の神経を鍛える必要があります。そのためにはネイティブ発音を音(オン)そして聞き取り、それを音(オン)として潜在意識がむきだしの寝起きなどが効果的なのです。だからこの「催眠リスニング最強セット」はスピーキングにも威力を発揮するのです。

脳がコンピュータである以上、日本語防御耳はリセットできる。

ここに面白い話があります。西洋人は虫の声(高周波音)を雑音と感じ、日本人はこれを風流と感じるというものです。では、なぜそのようなことがおこるのでしょうか?

それは日本語と英語といったネイティブ耳の違いからきています。虫の声は高周波音ですから英語と同じ音域にあります。ですから英語を母国語にする人たちにとって、虫の声は邪魔です。こんなもんが傍らで「リンリン~」と鳴いていたのでは、相手の話も聞き取れません。一方、日本語は低周波音ですから高周波音とは重なりません。ですから虫の声は何の障害にもなりません。だから風流と感じることさえできるのです。

 

実は、日本人でも西洋人でも高周波音は同じ右脳で受け止めます。(人間を含め哺乳類は高周波音を右脳で受け止めます。)ただ、日本人はその日本語耳の防御により右脳に入ってくる高周波音を左脳にある言語域に送り込むことができません。だから、左脳の他の領域に送り込んで風流と解釈するわけです。日本人にとって高周波音はあくまでも音(オト)であって人工的な言語音(オン)ではありません。つまり、高周波音を言語として認識するは持ち合わせていないことになります。

 

このようにして日本人はその育つ過程で聴覚を枠にはめてきました。よくいえば日本語に適するよう高周波域の音から耳を防御させる形でその日本語耳を育ててきました。逆にいえば、ネイティブ独特の高周波数帯に対して聞く耳もたない状態にあります。これは日本語耳の環境に適した進化の結果でもあり、限界でもあります。ようするに、日本語耳では英語の高周波音は単なる音(オン)に過ぎないわです。それを無理やり言語で認識しようとするから、たちまち脳にある扁桃核という部位が不快になってしまうのです。これが日本語に独特の防御耳の正体です。

bilisec.jpg
working in an international environment

couch.jpg

どのよにしたらこの防御耳を突き破ることができるのでし ょうか。

それは、高波域音声を脳内で左右に連続シャッフルさせてしまえばいいのです。

 

この方法は寝起きなど、左脳が完全に覚醒する前に高波域の音声を左右の耳に往来(パン)させる方法です。左耳は右脳に、右耳は左脳に通じていますから高周波音を左右に往ったり来たりさせると視床下部が興奮し、近くの扁桃核を刺激します。その際に脳の神経細胞がドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質を放出しますから、それにより、日本語耳のデイフェンスを突破させることができるのです。

 

脳をコンピュータにたとえると、左脳はデスクトップ、つまり、意識表示部分にあたるわけですが、その左脳デスクトップの電源がONになる前にこの高波域の音声によるこの連続シャッフル・パンをおこなうのです。そうすれば、その威力たるや、100メガトン級の水素爆弾なみです。これであなたも一気にリスニング特権階級の仲間入りです。これを行うには私たちの寝起きの催眠英聴革命パワネイティブ

音声ファイルを聴いてください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【音読法について】

さて、これらの三種の神器でリスニング耳を開発しながらおこなうのが、寝起き(催眠後)の音読法です。これは非常に効果があります。センテンスのリピーティング音声に合わせて音読を行います。先にも述べましたが、その部分をリピートさせながら~「And always ・・And always・・And always・・」~といった具合です。覚醒時の音読はリスニング耳に関しては全く無駄です。必ず、寝起き、寝る前に私たちのネイティブ音声ファイルを聞いてください。

 

そして、昼間の起きている時間帯に英文と日本語訳を突き合せておくのです。それでこそ寝起きの催眠作戦は功を奏します。 

 

このようにしてワンセンテンスずつ進めていきます。前日の部分は必ず復習しましょう。1章分位仕上がってきたらその部分を一気に聴いたあと理解できない部分を確認しつつ音読も一気に行います。更に一緒に音読すれば完璧です。

その際、発音を言葉ではなく音(おと)として真似ることがポイントとなります。この単語ならこう発音することではなく、単純に真似るのです。江戸家猫八という芸人をご存知ですか。彼はほんものそっくりに猫の鳴き声鈴虫の声などを真似ることができます。ネコはニャーニャーではないわけです。このようにネイティブ音声を音(おん)として発声するのです。

そのためには右脳を働かせなければなりませんが、寝起き(催眠後)だとこれができるのです。不思議ですが本当です。""とか""の発音もどういうわけか完璧なのです。日本人がわざとらしくいうものとは明らかに違います。録音して後で聞いてみると面白いです。この時点で自分の発音がネイティブみたいになっているのにはビックリするはずです。これがすごく自信になります。寝起きから2、3時間位はあなたの発音は限りなくネイティブに近くなっています。それは右脳から発せられている発音だからです。

このようにアクセントが向上してくるとリスニング耳のニューロンもぐんぐん伸びていきます。これを繰り返していくとあなたのスピーキングのアクセントはノーマル時でも落ちることなく完成されていくのです。

 

三種の神器はあくまでもリスニング耳を開発するツールで教材そのものではありません。教材、つまり、英語の知識がなければ当然頭打ちになります。そこで、私たちの実力アップ音声ファイルを紹介いたします。
tell a friend
friend.gif

KASOKU EIKAIWA INC.(C), Franklin Avenue Plaza, Suite 325, Garden City, NY 11530 USA. Fax:(516) 512-8978